tel電話でのご相談、お申し込みは0120-050-085

お問合せ・お見積りはコチラ

OPEN

お役立ち情報

マンション専⾨の⽔まわりリフォームのプロだから伝えられる、
リフォーム・お⼿⼊れに役⽴つ情報を発信しています。

マンションリフォームで気をつけたいこと<浴室・洗面所>

  • お風呂
  • 洗面台

マンションリフォームの際、構造上の制限というものがいくつかあります。このシリーズでは、お客さまのお部屋で「できること」と「できないこと」を具体的な例でチェックするお手伝いをさせていただきます。
浴室・洗面所のリフォームは、簡単そうに見えて制約がとても多いもの。しっかり確認して、商品選びに活かしましょう!

【ポイント1】ユニットバスは天井高に注意

浴室リフォームでは、防水の面からユニットバスをオススメしています。浴室・洗面所は水漏れトラブルで多額の賠償問題に発展することもあるため、要注意。しっかり確認して選びましょう。
ところで、ユニットバスのカタログはほとんどのメーカーで「マンション用」と「戸建て用」に分かれているのはご存知でしょうか?

必ずマンションで「マンション用」を使う必要はありませんが、「マンション用」はマンションの平均サイズに合わせて設計されたもの。戸建用よりも床下サイズと天井高が低くなっています。また、防水パンが標準装備になっているのも特徴です。
浴室リフォームで気に入ったユニットバスがあっても、お部屋の床下サイズと天井高、さらに設置する場所の広さでも設置できるユニットバスが決まってくるため、設置できない場合もあるのが難しいところです。

【ポイント2】追い焚き機能を追加できるかな?

お湯がいつも暖かい追い焚き機能は、節水効果もあり便利な機能です。せっかくリフォームするのだからつけてみたい!というお客さまも多くいらっしゃいます。
ここで問題となるのが、給湯器の配管。追い焚き機能のないお風呂の場合、配管は浴槽にお湯を注ぐための一本だけでOK。ですが、追い焚きをする場合は冷めたお湯を循環させる必要があるので、浴槽から給湯器に運ぶ管と給湯器から浴槽へ運ぶ管、二本に増えてしまいます。
マンションの給湯器は共用廊下側に設置されていることが多いため、新たに配管を増やす場合はコンクリート壁に穴を開ける必要があります。壁は共有部分のため、許可されないことがほとんど。追い焚き機能を後付けするのは、実はとても難しいのです。

【ポイント3】床の段差を減らすことはできるかな?

水まわりのバリアフリーは、場合によっては難しいことがあります。浴室に繋がる洗面所や脱衣所が廊下よりも上がっている場合、特に注意が必要。
排水管は、スムーズな排水のため勾配をつける必要があります。その高さのある空間を、段差をつけることで確保している場合があるのです。この場合、バリアフリーにするためには家全体の床をかさ上げしなくてはならず、天井がかなり低くなり、圧迫感が強くなることも。
手すりをつけるなど、段差をなくす以外でのバリアフリーを検討してみるといいでしょう。条件が合えば、介護保険の適用も可能です。

【ポイント4】洗濯パンを工夫することで排水口点検・清掃がラクになる!

洗濯パンとは、洗濯機取り付け位置に設置するプラスチック製トレイのようなもの。万が一洗濯機から漏水した際に水を受け止め、床と階下へのダメージを防ぐものなので、マンション場合はとくに、必ず設置しましょう。
さらにマンションで定期的に実施される一斉点検・排水管清掃の際、かさ上げタイプの洗濯パンであれば洗濯機を動かさずに排水口をチェックできます。それだけでなく奥まで手が届いて普段のお手入れもラクラク。

通常の洗濯パン
かさ上げタイプの洗濯パン

また、排水トラップがついているものであれば、排水口からのニオイや虫などもブロックしてくれるので衛生的にもバッチリ!

「できない」ことが、専門家の知恵で解決するかもしれません。
迷ったら気軽にご相談を!
マンションリフォーム実績50,000件以上、みずまわりリフォーム専門会社である「きがえる水工房」にお任せください。