通話無料

0120-050-085

LINE 無料
お見積り
お問合せ

トイレの尿はね・尿汚れをリフォームで解決

トイレの3大汚れポイントは「便座の裏」「便器のフチ」「便器まわり」と言われています。家族全員が毎日使う場所だから、常に清潔に保つことで気持ちよく使用したいもの。ここでは最新のトイレ事情&リフォームでどんなふうにお悩みを解決できるかをご紹介します。

1.飛び散らない最新トイレ

泡のクッションで受け止めて尿はねを防止
特に男性の立小便時に水面に尿がはねることで、周りに飛び散ってしまいます。その飛び散りを泡のクッションで抑えるトイレがあるのをご存知ですか?
水の泡で飛び散りを抑えるLIXILのサティス、洗剤の泡によるクッションで飛び跳ねを抑えるPanasonicのアラウーノがそれに当たります。

LIXILサティス 泡クッション
Panasonicアラウーノ ハネガード

便座を上げると水位が下がり、水面全体に出てくる泡で飛びはねをおさえることで床や壁などへの汚れを抑制。根本から防止することで、キレイなトイレを保つことができるのです。

2.飛び散っても大丈夫、お掃除しやすいトイレ選び

トイレを選ぶ際のポイントとなるのが掃除のしやすさ。各メーカーともにお掃除のしやすい機能が多彩です。

フチの形状
便器のフチ裏は汚れが付きやすく、落としにくい場所No.1。最近の便器は、各メーカーこのフチをなくして、ぐるりと拭ける形状になっており、びっくりするほど簡単に掃除ができます。

TOTOフチなし(機種による)
Panasonicひとふき形状(全機種)
LIXILフチレス形状(機種による)

便座の形状
汚れが入りやすいつぎ目がない形状のトイレなら、気になる便座裏の汚れもサッとひと拭きできてお掃除ラクラク。汚れがついても、従来品のように汚れがスキマに入り込むことがないんです。

LIXIL PASSO キレイ便座
従来便座はつぎ目があるけれど…
キレイ便座はつぎ目なし!

便器の形状(外側)
タンクレストイレは凹凸のないシンプルなフォルムが特長。平面部分の多いのでホコリや汚れが溜まりにくいため、拭き掃除がタンクありタイプに比べて圧倒的にラクラク。掃除すべきところの表面積も全体的に少なくなります。

TOTOネオレスト
Panasonicアラウーノ
LIXILサティス

トイレリフォーム豆知識 

マンションリフォームの場合、タンクレストイレではTOTOネオレスト、Panasonicアラウーノが主流。LIXILサティスは、排水管の位置の関係で取り付けられないものがあるので、詳しくはリフォームのプロにご相談ください。

リフトアップ機能
手動やリモコン操作で真上に上がるリフトアップ機能。お掃除ができなかったすき間の奥まで手が入ってお掃除がしやすく、気になるにおいの元もカットできます。

LIXILサティス 電動お掃除リフトアップ
TOTOネオレスト リフトアップ

Panasonicアラウーノは、便器と便座本体が一体成型で隙間がなく、リフトアップ機能自体が不要のスキマレス設計。

3.壁も床もリフォームでお掃除しやすく

壁材の選び方
壁材をサニタリーパネルにすることで、ハネてもシミになりづらく拭き取りも簡単になります。また、壁紙にこだわりたい、全面サニタリーパネルにしたくないという方は、腰壁だけをサニタリーパネルにすることも可能です。

床材の選び方
床材をクッションフロアにすれば、目地が無くなるので、尿はねで床が汚れた時でも拭き取りが簡単になります。

水まわりの疑問や不安など、なんでもご相談ください

「できない」ことが、専門家の知恵で解決するかもしれません。マンションの水まわりリフォーム専門の「きがえる水工房」では、各メーカーのトイレを取り扱っており、アドバイザーがお客さまのご要望にあったトイレをご提案いたします。